「表札」とは、そこに住んでいる人の名前を、家の玄関先に表示しているものです。まさにその家の「顔」となる存在です。お店でいうと看板になります。家の玄関先に表示させる方法はいろいろな形がありますが、なかには郵便ポストに使う表札プレートがあります。このプレートは、マンションやアパート用としても使われる場合があります。

郵便ポストには、昔は手書きで作った紙を差し込んだり、テープで貼っていたという人がほとんどでしょう。

達筆な人には何の問題もありませんが、やはり手書きだと見た目がちょっと気になります。

手書きだったのが今は表札プレートを手軽な値段で注文して、郵便ポストに使っている人が増えてきています。

見た目も良いし、高級感が出ます。

書体、プレートの種類、色なども豊富にあります。

名前以外にも、会社名や他の文章も入れる事が出来ます。

一番シンプルなプレートは、アクリルにカッティングシート文字を貼っているものです。

このタイプは至ってシンプルです。

それ以外には、2層式のアクリルに一枚色を塗装して、文字を彫って作っているものや、アルミ版にモノクロ写真を思わせるような印刷でフォトプレートがあります。そしてステンレスにカッティングシートを張ったものもあります。まだその他にもいろいろ種類は豊富にあります。

金額はものにもよりますが、低価格で購入する事が出来るので、手書きのものよりは、見栄えがいいし、手紙を投函する配達する側も気持ちがいいことでしょう。