「表札」と聞いたとき、最初に思い出すのは、「差し込みタイプ」がパッと頭に浮かびます。

でもここ最近、「マグネットタイプ」の注文が増えてきています。

種類はいろいろあり、ユニットの本体に直接取り付くタイプがあります。

プレートは塗装仕上げがほとんどになります。

マグネットの強度はかなり強烈になります。

そして、ここ最近多く出回っているのが、シンプルタイプです。扉の横にユニットが付いているのではなく、埋め込み式タイプで、インターホンも含め、パネルを加工しています。シンプルですが、デザインを施せば十分おしゃれなものに仕上がります。

インターホンの上に電灯がある場合は、ガラスを使ったものがおすすめです。

なぜなら光が反射してとてもきれいだからです。

今まで述べたものは、デザインなどにもよりますが、2万円前後くらいの金額設定となっているのが多いです。

もっと手軽に金額を安く抑えたい人は、ステッカータイプがおすすめです。

玄関のドアが鉄の場合は、そこに直接貼れるように強力なマグネットを使って貼り付けます。

ステッカーにもいろいろ種類があり、フルカラーに印刷したものをアクリル板などに貼って作ったもの、そしてステッカーをカッティングしてアクリル板に貼って作られているものなどがあります。

いつでもどこでも簡単に取り外し可能です。

ステッカータイプはもともとの既存の表札イメージにとらわれず、自分自身のオリジナル表札が作れることが、人気がある理由のひとつです。